昔、駄菓子屋さんで売っていた「でんぐり」

Sponsored Link

小学生の頃、
学校から帰ると
すぐに小銭入れをにぎりしめて

毎日のように
駄菓子屋さんに通っていました。

 

駄菓子屋のおばちゃんにお願いして
駄菓子のクジを3回ほどひき、

そのあとは、
駄菓子屋さんの小さな玩具を物色!

 

その玩具の中で、
特に大好きだったのが、

2本の木の棒を両手に1本ずつもって、
ぐるんと回すとあら不思議

 

綺麗な紙細工が飛び出す
不思議な玩具でした。

 

でんぐり

IMG_4592

IMG_4596

IMG_4597

IMG_4599

IMG_4600

これがその玩具です。
私が持っていたものは
すでに手元にはなく(おそらく母に捨てられたのだと・・・)

写真のものは、
骨董市で手に入れたものです。

 

実は、私、
この玩具の名前がわからず、

大人になってからいろいろ調べるうちに、

その玩具の正体が
「でんぐり」という名前であったことを
知りました(・_・;)

 

昔は、玩具の名前なんて
全く気にすることなく遊んでいたのですね。

 

「でんぐりは」開く方向や見る方向によって、
色合いがかわったり、
形がかわったりと様々な顔を見せてくれます。

 

最近では、
駄菓子屋さんで見かけることもなくなり、
もう作っている人がいないのかしら?と思ったり・・・。

 

この玩具、
きっと現代の子供も好きだと思うのです。

現代の駄菓子屋さんでも
復活させて欲しいな。

 

【追記】

形が同じでんぐりを手に入れました。
持ち手が
赤く塗られているのが印象的です。

ポップなネズミのイラストで、
先に紹介した女の子のものより、
時代が新しい感じがしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



昭和レトロを恋してやみません。
いつか懐かしいものにいっぱい囲まれて
暮らすのが私の夢です。
ブログ村に参加しています!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村

コメントを残す

CAPTCHA