アルミホイルに包まれしお菓子。~昭和のお菓子 なくならないで!

小学生ぐらいの時に、
ちょっとはまったお菓子があった。

それは、アルミホイルに
丁寧に包まれていて、

アルミホイルに包まれしお菓子

それを開いていくと、

 

春巻きの形に似た、
しっとりとしたケーキが現れるのである。

リエム シャトレーゼ

 

このアルミホイルを
そろっと優しく開けるのが
楽しくて、

1日に何個も何個も食べていた私。(^_^;)

 

 

そして、10年後、

なんと、大学の下宿の近くのスーパーで、
このアルミホイルお菓子が透明の袋に
8個ぐらい入れられて

饅頭コーナーで
売られているのを発見する!!

 

 

あまりにも懐かしくて、
夢中で食べたのを覚えている。

 

 

そして、あれから
25年以上たち・・・。

 

また
出会ってしまったのである!

 

最近、よく見かけるようになった
シャトレーゼという
個別梱包のいろんなお菓子を売っている
お菓子屋さんで。

 

梨恵夢

 

それは「梨恵夢(リエム)」という
かわいらしい名前で売られてました。

 

 

味も3種類あり、

全部食べてみたけど、
バター風味が
一番当時のものに近かった。

 

でもね、
味は、似ているけど
やはり違うなと思った。

 

 

昔私が食べたのは、
餡が
フルーツを煮詰めたような白い餡だった気がするんだよね。

 

リエムの餡より、
もっと濃くて
癖があったような・・・。

 

でも、またあの
アルミホイルを開ける感触を楽しめるのは
すごく嬉しい!!

 

シャトレーゼさんありがとう。
(ちなみに、シャトレーゼさんのはミルク餡だそうです。)



昭和レトロを恋してやみません。
いつか懐かしいものにいっぱい囲まれて
暮らすのが私の夢です。
ブログ村に参加しています!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

コメントを残す

CAPTCHA