味のないポン菓子~昭和のおやつ

昭和50年代。
祖母の家に遊びにいくと、
帰りに持たされるのが、
味のない「ポン菓子」と
仏壇にお供えした「バナナ」でした。

 

その「ポン菓子」ですが、

祖母の家では、
45リットルぐらいの
特大のビニールの袋に、
大量に入っていて、

 

そこから、
普通サイズのビニール袋に
お玉ですくって詰め替えて
持って帰るのですが、

 

いったいこんな大量の
ポン菓子を

おばあちゃんは、
どこからもってきたのか
子供ながらに不思議でした。

 

で、ある時、聞いてみたら、

ポン菓子やさんが来たときに、

米を持っていくと、
「ポン菓子」に
つくりかえてくれるんだそうです。

 

あの、ものすごい音を出す、
ポン菓子マシンで。

 

created by Rinker
なつ菓子屋本舗
¥524,000 (2020/10/20 02:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

懐かしいですね~。↑
あの機械、こんなに高いんだね(;^ω^)

 

そんな思い出の
味のないポン菓子が、

 

先日、
実家から送られてきました。

 

味のない ポン菓子 昭和レトロ

わ~。
懐かしい。

早速、開けて見ました。

 

ポン菓子 味なし いい匂い

 

うぉ~。
お米のいい匂いがします。

 

懐かしい、ポン菓子の香り。

 

味なしのポン菓子は
噛めば噛むほど、美味しくて

 

今はなき祖母が
思い出されました。(/ω\)

 

 

しっかし、
ポン菓子って
本当に、食べにくいですよね~。

 

手で食べたり
スプーンで食べたり
お皿に入れて舌にくっつけて食べたり(←お行儀わるっ)( *´艸`)

上手な食べ方がわからない~。

<