Sponsored Link

星座のティンクルちゃんの くものおしろ~野村トーイ

本日は久しぶりの更新です(>_<)ヽ

星座のティンクルちゃんの 「くものおしろ」を紹介したいと思います。

ティンクルちゃんのくものおしろ

 

kumo7

 

「くものおしろ」は小学校4年生(私は昭和50年生まれです)までの
私の大切な玩具でした。

エレベーターをくるくる回して、
くものお城のてっぺんへ。

ティンクル くものおしろ エレベーター

そこにはワープゾーン(←私が勝手にそうよんでいました。)があって、
レバーをスライドさせると、
床がパカッとあき、

ストンと下の部屋におちるんです。

kumo11

下の部屋には落ちても痛くないように
トランポリリンが置いてあるのです。

kumo12

もうこのエレベーターを
何百回とスライドさせて楽しんたことか!!
(別のアイテムを落としたり、自分の指をはさんでみたり。笑)

このトランポリンのゴムの感触が面白くて、
ペタペタ触っては、何度うっとりしていたことか!!

私は暇さえあれば
このお城をとりだし遊んでいた記憶があります。

そして、小5の時に私は
父親のお仕事の都合で
山口市から広島市へお引っ越し。

そして、この大好きな玩具は、
小学5年生には必要ないと思われたのか
母によって
引っ越し時に捨てられたようなのです・・・( ;∀;)

私も引っ越したばかりで新しい友達作りや、
塾通いなどで忙しく、

あんなに毎日遊んでいた
「くものおしろ」のことをすっかり忘れてしまったんですねぇ・・・。

大人になって、
オークションでみかけて、思い出がわっ!と蘇ってきて、
衝動買いしてしまったのですが、

kumo13

玩具屋さんのデッドストックだったらしく
新品同様のお品で、

kumo14

なんだかもったいなくって
使うことができませんでした(TT)

kumo15

あぁ・・・。
このお人形たち、袋から出してあげられなくてごめんね・・・。
この男の子の名前は「ヘラクレスちゃん」だそうな・・・。
さんざん遊んだのに、知らなかった私・・・。

kumo16

シールなんて、怖くて貼れない~。
どういうレイアウトで、どこに貼ればいいのかもわからない~。
思いつきでなんて貼れないよ( 一一)

大人になるって、寂しいなぁ・・・
感じてしまいました。

 

私がこの玩具で遊んだのは今から30年前ぐらいですが、
この玩具、今みても本当によくできています。

他のキャラに変えて売り出せば、
今でも、売れるんじゃないかしら??
と思います。

kumo17

 

kumo18

そして、ご存知でした?

ティンクルちゃんの「くものおしろ」ですが、
別売りの「洋服 4着セット」があったようなのです。

(送料共)と書いてあるのは、送料込ということでしょうか?

でも250円って
当時の価格だとしても安すぎないですか???

もしかして商品が250円で、
共に送料も250円で合計500円ってことでしょうか??

日本語って難しい・・・。

どんなお色のお洋服だったのかな~。
どなたか持ってませんかね??

そして箱を見ていてさらに(私にとって)新事実が!!

kumo5kumo6

箱の側面にこんなにかわいい四コマ漫画が書いてあったんですね~。
知らなかった~。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

でんぐり セット 

こちらは珍しい、でんぐりの箱入りセット。
でんぐり セット

駄菓子屋さんなどが
問屋さんで仕入れをすると
こういうセットで買ったのでしょうね。

中身がでないように、
十字にかけてあるビニールテープが
これまた時代を感じさせます~。
IMG_3067

 

IMG_3071

箱の側面に「8打入」(8点各1打入)と書いてあって、
なんのことやら、ちんぷんかんぷん。

中身を数えて、ようやくわかりました。
8種類のでんぐりが、12個ずつ入っていました。

「打」っていうのは12個のこと。
「ダース」の「ダ」→「打」のようです。

IMG_3073

8種×12枚=96枚入りです。

IMG_3077

なんと、この箱に96枚ものでんぐりが!!
こんなにいっぱいどうしましょう~。

IMG_5104

開くと、こんなにかわいいものができました。

この「でんぐり」ですが、現在も販売されているようです。

でんぐりセット♪イベント・装飾 店舗装飾 ディスプレイ 七夕

価格:1,185円
(2015/9/11 10:53時点)


私がもっているものとは、色が微妙にかわっているようです。

このでんぐりは棒タイプではなく、
赤く細い紐がついているタイプなので、
七夕の笹につけるとかわいいと思います。
来年の七夕の日に使ってみようと思います。

ティンクルちゃんの鉛筆ダース箱~このキャラはキキララではないのだ。

小学生入学準備に買ってもらうものといえば、
ランドセルですね。

あとは、いろいろな文房具!

私の中の思い出の文房具はこれです!

ティンクルちゃん 鉛筆 ダース

鉛筆12本のダースの鉛筆セット。左側にピンクの消しゴムがついています。

このキャラクター。
私はずっとキキララだとおもっていたのですが、
最近、昔大好きだった玩具を手に入れた際に(今度あらためて紹介したいです。)
本当の名前が「ティンクルちゃん」だということを知りびっくりしました。

キキララのサンリオとは無関係のようですが、
キャラかぶってますね。

(もしかしてサンリオが真似したのかしらと思ったり・・・。)

IMG_4700

このダーツ箱、私が小学校入学時(昭和56年頃)大人気で、
このダーツ箱を筆箱として使う子が続出しており大変な人気だったと記憶しています。

 

IMG_4699

上下二段になっています。

IMG_4701

IMG_4702

バーコードの下に「ユニかきかた六角B女柄」と印字があります。
なんか、時代ですね・・・笑
男柄は何のキャラだったのか気になるところです。

IMG_4703

側面には「かきかた 六角 ティンクルリボン」と記載あり。
「かきかた」って?謎だわ・・・。

「ティンクル リボン」の「リボンは」、ダース箱の中のイラストが
ティンクルちゃんとリボンをあしらったものなので
その名前がついたのだと思います。

こちら未開封品。
こういうのを「デッドストック」と言うのでしょうね。

透明のパッケージ健在!
おそれおおくて、開ける勇気がありません。

昭和の小学校の裁縫箱

先日、帰省した時に
母が「懐かしい物がでてきたよ~」と
出してきたのが私が小学生の時に使っていた裁縫箱。

ひゃ~。懐かしい。

昭和の裁縫箱

この裁縫箱、山口市立の小学校の学用品なのです。
たしか、縦型の持ち手のついた黄色い袋がついていたと思うのですが、
そちらは紛失。
毬の絵柄、当時の私とても気に入っていました。

色鮮やかな毬のプリンとは当時のまま。
小学生の時にタイムスリップした気分です。
(確か、男子は虎と独楽の絵柄だったと思います。)

IMG_4551

そして、中身ですが、手芸好きの母が使ってしまっていました(ーー゛)
残されていたのは、母には必要ない「指抜き2個」と「くけだいひっぱりき」でした。

IMG_4552

「くけだいひっぱりき!!」
懐かしすぎる!このネーミングは忘れられないですね~。

確か、「ひっぱりき」の紐の部分を「くけだい」につけて、
「くけだい」を机にかませて使うものだったはず。

で、「ひっぱりき」には布をはさむのだと・・・。

でも、これを使ったこと1度もなく、
使っている人をいまだかつて見たことがない・・・。不思議な器具です。
今の小学生の裁縫箱にはそんなものはもちろん入ってませんよ。

IMG_4550

そして、私の裁縫箱ですが、下の段がスライドできる引き出しになっていました。

私は小5から広島の小学校に転校したのですが、
そこの小学校の裁縫箱にはこのような引き出しはなく、
裁縫箱自体の絵柄も地味なもので、
私は自分の裁縫箱が自慢だったことを覚えています。

ちなみに、
現在の小学生の裁縫箱ってどんなかご存知ですか?

女の子

【送料無料】【あす楽】裁縫セット くまのがっこうWファスナーバッグ ジャッキーフェイス 小学生 女の子に人気♪ 大人も使える かわいい ソーイングセット コンパクトな 裁縫箱 ソーイングボックス 学校教材 家庭科 【HLS_DU】【RCP】【RSL】

価格:4,180円
(2015/9/11 10:59時点)
感想(118件)

男の子

【送料無料】【あす楽】裁縫セット ACHIEVE 小学生 男の子 女の子 に人気♪ 大人も使える かっこいい ソーイングセット コンパクトな 男女兼用の 裁縫箱 かわいい シンプルな ソーイングボックス 学校教材 家庭科 スポーツバッグ風 黒 【HLS_DU】【RCP】【RSL】

価格:3,450円
(2015/9/11 11:01時点)
感想(794件)

私の娘の裁縫箱を先日学校で購入したのですが、
チラシが5種類ぐらい配られて、
各チラシに50種類以上、いろいろなメーカーのゴロやキャラクターのものが掲載されていて、
もうどれを選んでいいのかわからなくなってしまいました。

昔は学校がすすめるものをそのまま購入していたのだと思います。
1個の裁縫箱を約250種類の中から選ぶいまどきの小学生ってすごいね・・・。

昔、駄菓子屋さんで売っていた「でんぐり」

小学生の頃、学校から帰るとすぐに小銭入れをにぎりしめて
毎日のように駄菓子屋さんに通っていました。

駄菓子屋のおばちゃんにお願いして駄菓子のクジを3回ほどひき、
そのあとは、駄菓子屋さんの小さな玩具を物色!

その玩具の中で、特に大好きだったのが、
2本の木の棒を両手に1本ずつもって、
ぐるんと回すとあら不思議

綺麗な紙細工が飛び出す不思議な玩具でした。

でんぐり

IMG_4592

IMG_4596

IMG_4597

IMG_4599

IMG_4600

これがその玩具です。
私が持っていたものはすでに手元にはなく(おそらく母に捨てられたのだと・・・)
写真のものは、骨董市で手に入れたものです。

実は、私、この玩具の名前がわからず、
大人になってからいろいろ調べるうちに、
その玩具の正体が「でんぐり」という名前であったことを知りました(・_・;)

昔は、玩具の名前なんて全く気にすることなく遊んでいたのですね。

「でんぐりは」開く方向や見る方向によって、
色合いがかわったり、形がかわったりと様々な顔を見せてくれます。

最近では、駄菓子屋さんで見かけることもなくなり、
もう作っている人がいないのかしら?と思ったり・・・。

この玩具、きっと現代の子供も好きだと思うのです。
現代の駄菓子屋さんでも復活させて欲しいな。

 

Sponsored Link