Sponsored Link

昭和の小学校の裁縫箱

先日、帰省した時に
母が「懐かしい物がでてきたよ~」と
出してきたのが私が小学生の時に使っていた裁縫箱。

ひゃ~。懐かしい。

昭和の裁縫箱

この裁縫箱、山口市立の小学校の学用品なのです。
たしか、縦型の持ち手のついた黄色い袋がついていたと思うのですが、
そちらは紛失。
毬の絵柄、当時の私とても気に入っていました。

色鮮やかな毬のプリンとは当時のまま。
小学生の時にタイムスリップした気分です。
(確か、男子は虎と独楽の絵柄だったと思います。)

IMG_4551

そして、中身ですが、手芸好きの母が使ってしまっていました(ーー゛)
残されていたのは、母には必要ない「指抜き2個」と「くけだいひっぱりき」でした。

IMG_4552

「くけだいひっぱりき!!」
懐かしすぎる!このネーミングは忘れられないですね~。

確か、「ひっぱりき」の紐の部分を「くけだい」につけて、
「くけだい」を机にかませて使うものだったはず。

で、「ひっぱりき」には布をはさむのだと・・・。

でも、これを使ったこと1度もなく、
使っている人をいまだかつて見たことがない・・・。不思議な器具です。
今の小学生の裁縫箱にはそんなものはもちろん入ってませんよ。

IMG_4550

そして、私の裁縫箱ですが、下の段がスライドできる引き出しになっていました。

私は小5から広島の小学校に転校したのですが、
そこの小学校の裁縫箱にはこのような引き出しはなく、
裁縫箱自体の絵柄も地味なもので、
私は自分の裁縫箱が自慢だったことを覚えています。

Sponsored Link